植物性の食品を食べるようにすると肌が綺麗になる

標準

植物性の食品を食べるようにすると肌が綺麗になります。
植物性の食品とは、野菜やフルーツや玄米や蕎麦などの精製されていない穀物や、大豆や黒豆や小豆などの豆類やナッツ類や海藻類などです。
食事をする時はこういった植物性の食品を食べるようにすると、肌のキメが細かくなり透明感のある肌になっていきます。
特に生の野菜や生のフルーツを毎日沢山食べるようにすると、肌が白くなってきます。
生の野菜や生のフルーツには酵素がたっぷりと含まれているので、その酵素が肌を白くさせてくれるのだと思います。
逆に動物性の食品を食べていると、肌のキメが粗くなり肌の色も黒くなってくると思います。
そして肌にニキビや吹き出物が出来やすくなってしまうので、肌を綺麗にしたい方はなるべく動物性の食品は食べないようにした方が良いです。
動物性の食品とは、肉類や魚介類や乳製品や卵なでです。
肉類や魚介類や乳製品や卵は食べなくても、植物性の食品だけ食べていても健康を害するわけではないので、肌を綺麗にしたい方は植物性の食品を食べるようにすると良いです。
植物性の食品でも白米のご飯や精製された白い小麦粉で作られているパンやうどんやラーメンなどの麺類などの食品は美容に良くないので、なるべく精製されていない玄米や蕎麦などの穀物の食品を食べるようにすると良いです。