テンペスト

標準

琉球王朝末期に女として生まれながらも最高の知性を持ちあわせた真鶴が主人公。訳あって性別を偽って官僚となった彼女が迎える劇的な半生を描いた作品です。

中国、日本に挟まれる地理的状況の中、絶妙のバランス感覚でどちらにも組せず独立を貫こうとした琉球王国。美の文化を華やかに咲かせることでその存在感を認めさせ、最高のエリートによる細やかな外交手腕によって舵取りがされていた様子が描かれています。
今一つ琉球って具体的なイメージが湧かない私に改めてその特異さを知らせてくれる内容になっていて勉強になりました。

物語はともかくジェットコースター並み。ヒロイン、本当に毀誉褒貶が激しい激しい。そもそも絶世の美少女が男装して宮廷で活躍、などという設定からして飛び抜けて破天荒。その後も濃いキャラクター達がてんでに動き回って多少唐突感のある劇的展開が重なり、全体的に劇画調な内容です。
スピード感に溢れているのですが、この作者の他作品を知っている読者なら「ならでは」と思えるでしょうけど、そうでないなら受け入れが難しいかもしれませんね…。

お気に入りは真鶴の親友となるハイパーお嬢様・真美那。最高の出自によってもたらされる憎めない天然っぷりがお見事。
また作者得意のライバル女性キャラ、聞得大君の真牛も流石の存在感。聖俗相反する資質をあっさり内包してます。ゾンビ並みの復活を何度も重ね、最後の最後であんな姿を見せてくれるなんて…。

おもしろおかしく読ませながら、沖縄という土地の風土/歴史を伝えてくれる作品でした。