断捨離は過去と向き合うこと。

標準

断捨離は、人生と向き合って、過去に片をつけることです。

人生がうまくいかないのは、部屋にある大量の荷物のせいでした。

いや、私の人生はそれでもなんとか回っていたのですが、内心はいつも不安でした。

その精神的な圧迫感から逃れられたのは、断捨離のお陰です。

7月1日と2日で、断捨離を行いました。部屋の荷物の1/2がなくなりました。

ほとんど、引っ越してきた当時の、ガランとした部屋に戻ってくれました。

その御蔭なのか、実際に今月は好調です。

来月も好調になりそうです。

ガランとした部屋は、気持ちが良いです。

この部屋の魅力が、また増してますます家が好きになりました。

好きな家で仕事が出来て、おしゃれな小物に囲まれて、私は幸せですね。

欲望に素直になって、何がほしいかをしっかり見つめる。

それによって、人生がひらけてくるのかもしれません。

捨てても捨てても、どうしても捨てきれない欲望があるのなら、それが私が本当に

欲しいと思っているものなのではないでしょうか。

捨てても捨てても、どうしても捨てられない欲望があったら、それに向き合ってみるのも

良いかもしれませんね。

断捨離は過去と向き合うことです。私は過去と向き合って過去に片をつけて、

部屋を綺麗にしました。それだけでも、一歩前進です。