節約をする際の心構え【買い物編】

標準

お金を貯める方法・節約術は共に1にも2にも上手な買い物に尽きると思います。お金はどうやったら増えるか、それはお給料を使わなければ貯金は増えます。ですがお金を使わずに生活するのは無理です、ではその買い物の回数、そして購入金額を如何に最小限にするかが鍵となります。

買い物には必要な買い物と、あったら良いけど無くても良い買い物、必要のない買い物の3種類があります。必要の無い買い物をしないのは当たり前、ここで大事なのは「あったら良いけど無くても良い買い物」を無くす事です。もう1点大事なのは「減らす」ではなく「無くす」事です。

あったら良いけど無くても良いものというのは「無くても良い」という時点で不要な買い物に入ります。ですが人間は物欲、その場の衝動、目先を考えずにそれを買う人が凄く多いです。だからこそ、それを無くせばかなりの節約になりますし、お金も想像以上に溜まると思います。

ただ。簡単に言ってる様に聞こえますがそれをずっと我慢し続けるというのは中々難しいです。今まで普通に欲しいなと思っていたものを急に思いっきり我慢するようになるのは本当にストイックな方でないと中々続かないと思います。
逆に節約しすぎて、ストレスが溜まり節約が嫌になり、そして節約するという事を放棄してしまったら本末転倒なのでまずは徐々に徐々にでいいと思います。

なので1度我慢したら、次は本当に必要か良く考えてどうしても欲しいなら買う、そしたらまた次は我慢、その次は、と繰り返して慣れて行く所から初めて行けば徐々に無駄な買い物を減らせると思います。

購入する際にも「本当にどうしても必要かを良く考えて買う」というのが大事です、衝動的にその時にはどうしても必要、と思っても帰宅したら、もしかしたらそうでもなかったかも…というご経験はあるでしょうか。

なのでそれを防ぐためにも現物を見ると買いたくなると思うのでネットで調べて自宅で考え、考える際にもネットで情報やレビューを調べて家で本当に必要か、を考えるのが良いと思います。

そしたらすぐに買える訳ではないので、突発的な衝動買いは防げるのでこれも節約につながる一つの方法だと思っています。
その体質にするまでは難しいかもしれませんが、本当にお金を貯めたいという気持ちがあれば絶対に出来るはずです。