ちょこっと節約、塵も積もれば山となる!

標準

主に私が実践している電気代の節約方法について記載します。

 トイレの電気代節約は、トイレカバーを使用し、寒い冬でも電気使わずに暖かく便座に座ることができるように配慮。温水洗浄便座の電気代は1日(24時間、便座の温度と水温ともに「弱」で設定した場合)で約10円かかります。単純計算で1か月で約300円かかることになります。便座が冷たいと感じる11月~3月の間、便座を温めて使用するとなると、トータルで約1500円の電気代がかかります。これを100円ショップの便座カバーに変更すると、10分の1以下の値段で済みます。月1回便座カバーを交換すると考えても断然安いです。今は洗って使える便座カバーもありますので、1シーズン1つで十分かと思います。

 また、外出時や電気機器を使用しない場合は、すぐにコンセントプラグからコンセントを抜くという習慣をつけておくことも電気代節約するのに効果的です。コンセントをさしているだけでも、電気代はかかってしまうため、使用していないのにお金がかかるのは勿体ないですよね。コンセントさしっぱなしにするのをやめてから、電気代が月500~1000円安くなるようになりました。ちょっとしたことですが、案外差が出るようです。

 自分の電気代のプランについて把握しておくことも大切です。日中と夜間ではどのように電気代が代わるのかということを知り、電気を使うタイミングを考えるということもしています。私は夜間の料金が、日中の料金よりも高いため、携帯の充電や炊飯器の使用などは日中の料金の間に終わらせるようにしています。電気代のプランを定期的に見直して、自分のライフスタイルに合わせたプランはどれかを見つけるのも必要なことです。